愛車の売却と注意点・抑えておくべきポイント

USS社の業績と最近の車買取業界の好調な状況

車買取に関連する会社の1つに、USSという企業があります。
そこは一部上場している会社なのですが、
最近業績が好調なのだそうです。

 

そのUSSという会社は、主に車買取専門店によって
活用されているケースが多いようですね。
よく買取専門店のホームページを見てみますと、顧客から
買い取った車をオークションに流しているとアピールされている事があります。
USSは、そのオークションの会場を提供している会社なのです。

 

ちなみにUSS社によるオークションは、一般個人の方々はちょっと利用するのが難しい所です。
主に車買取店によって利用されているオークションという事になります。

 

ところでUSS社は業績が好調なのですが、株価にもそれが反映されていますね。

 

例えば2年前の秋の株価ですが、1,000円台を下回っている状況でした。
ところがその後は堅調に推移して、現時点での株価は1,600円台という状況です。
かなり順調に株価が上昇していたようです。
特に2,014年の春になってからは、かなりの勢いで株価が上昇していますね。

 

つまりUSSという会社は業績が好調という訳ですが、
その理由の1つは恐らく車買取の業者です。

恐らくここ数年間、買取業者によるオークションの
利用件数が増えたのではないでしょうか。
利用件数が増えれば、USS社としても利益が発生するからです。
ですので現在の車買取の業界は、かなり好調なのだと思います。

 

最近では車買取の業者のバナー広告なども、よく見かけますね。
そのは販促活動の成果が、今になって現れたのかもしれません。

 

そして私の個人的な予想ですが、今後もまだまだ多くの方々が車を売却すると思います。
ですので車買取業界の好調な状況も、まだしばらく継続する予感がしますね。

近頃私の友達の1人は、車の売却をしました。
ただ友達の場合は、少々急いで売る必要があったようですね。というのも友達が持っている車の場合は、そろそろモデルチェンジが起きてもおかしく無い時期だったそうなのです。あまりのんびり構えていますと、チェンジによって売却額が大幅ダウンしてしまうのを恐れていたようです。

 

確かにフルモデルチェンジなどが起きますと、そのような傾向がありますね。友達の気持ちも何となく分かります。
そこで私は、友達に対して一括査定の話をしてあげました。というのも以前に私は、一括査定で非常に速やかに車を売ることができるという話を耳にしたからです。ある方が一括査定で依頼をしてみたところ、数時間後には売却できたという話を聞いていました。そこで友達にも、その話をしてみた訳ですね。

 

友達は私の話に、興味津々でした。さっそく友達は私が教えたある一括査定のサイトにアクセスをして、情報を送信したようです。走行距離や年式など、様々な情報を入力していました。

 

そして結論から言えば、友達は本当に数時間後に売却できたのです。というのも依頼内容を送信してから、数秒後に友達の携帯に電話がかかってきたのです。どんどん色々な会社から電話がかかってきたので、友達はちょっと人気者になったような感覚を覚えたようですね。数が増えん
スイフト 査定

 

そして友達は、いくつかの業者による競争を仕掛けました。その結果、思っていた以上の金額で売ることができたようですね。思った以上に早く売ることができましたし、しかも想定以上に高く売ることができたのでとても喜んでいました。次回車を売る時にも、ぜひ一括査定サイトを使おうと考えているようです。ちなみに教えた私としても、ちょっとびっくりしたのですが。一括査定のシステムというのは、本当にすごいものだと思います。

続きを読む≫ 2014/11/27 21:31:27

車の買取方法は、車種によってやや異なる一面があります。車というと道でよく見かける乗用車をイメージなさる方が多いと思いますが、それだけではありませんね。トラックなども、もちろん車の1つになります。いわゆる社用車を日々運転している方も、世間では非常に多いのですが。ところで一般車とトラックには、買取方法に関する違いがあります。

 

そもそも車買取の業者による査定方法には、2種類ありますね。出張による査定と、実店舗でのものです。出張というのは、もちろん顧客の自宅や駐車場などに出張しての査定になります。一括査定などでは、出張が採用されている事が非常に多いですね。それに対して実店舗の査定は、もちろんお店に車を持ち込む方法になります。

 

ところでトラック買取の業者の場合は、実店舗というよりも出張の方が非常に多いのが特徴なのです。確かに実店舗で査定を行っているトラック買取の業者もありますが、それよりは出張の方が遥かに多い状況ですね。

 

一般車の買取り業者が、全部で100あるとしましょう。その中で実店舗での査定を行っているような業者は、全体の60から70くらいという状況だと思います。ところがトラックの場合はその割合がかなり異なってきて、全体の20から30くらいでしょうか。店頭査定を行っている業者の数はゼロではないのですが、非常に少ないという訳ですね。

 

特に大阪地域などでは、その傾向が顕著なようです。あの地域はなぜかトラック買取の業者の数が非常に多いのですが、ほとんどの所が実店舗での査定を行っていない状況です。
アルファード 買取

 

トラックも一般車も、同じ「車」ではあります。しかし店頭査定が採用されている割合となると、両者は異なるのですね。両者の買取り方法には、少々違いがある訳です。

続きを読む≫ 2014/11/24 17:28:24